京都市下京区仏光寺通の内科・消化器内科・呼吸器内科なら鈴木内科医院へ。当院は地下鉄烏丸線「四条」駅西口より徒歩5分の所にございます。地域の『かかりつけ医』として、患者様が笑顔でお越しいただけるクリニックを目指します。夜8時まで診療。お気軽にご相談ください。

内視鏡検査

当院の内視鏡検査

富士フィルム株式会社の内視鏡ファイバースコープ・光源

患者さんの負担が少ない鼻からの上部消化管内視鏡(胃カメラ)、最大135倍の拡大観察ができる大腸内視鏡による検査が可能です。

当院の内視鏡設備は富士フィルム株式会社の内視鏡ファイバースコープ・光源を使用しております。

経験豊富な内視鏡専門医・指導医による、丁寧な内視鏡操作で苦痛の少ない検査かつ、正確な診断を行っております。

上部消化管内視鏡(胃カメラ) 上部消化管内視鏡(胃カメラ)

鼻からのカメラで楽に検査を。

当院では、細さ5.9ミリの細径スコープを用いて、鼻から入れる内視鏡を行っています。鼻から挿入する場合は舌の根元(舌根部)をスコープが触れにくいため、“オエッ”という吐き気が非常に少なく、楽に検査ができます。そのため、咽喉頭(のど)の観察もスムーズに観察でき、初期の咽喉頭腫瘍の発見も可能となってきました。

口からの場合:舌の付け根に触れると嘔吐感が起きる鼻からの場合:舌の付け根に触れないので患者さんの負担が少ない

鼻からの胃カメラについて詳しくはこちら「鼻から.JP」

細径なのに、とても明るく、高画質。

富士フィルム社製の細径内視鏡は光源にレーザー光を用いており、非常に明るく、高精細な画像で観察が可能です。
新スーパーCCDカメラを採用しており、2倍近くも太い経口内視鏡と変わらない高画質な画像が得られます。

画像強調観察で癌の早期発見を。

とても明るく、高画質。画像強調観察も。この富士フィルム社製のLASORIO(レザリオ)シリーズ独自のBLI(Blue Laser Imaging)、LCI(Linked Color Imaging)と言われる画像強調観察(特殊な波長を用いた画像)を併用することで通常観察では見つけにくい病変の検出や癌の早期発見に期待出来ます。

こんな時は胃カメラを受けることをお勧めします。
  • 食後や空腹時の腹痛や不快感
  • 健康診断で異常を指摘された
  • 胃もたれや吐き気のある方
  • 慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の既往のある方
  • 胸焼けや酸っぱいものが上がってくる
  • ご家族に胃癌の方がおられる
  • のどの違和感や飲み込みにくさ

これらの症状やお悩みのある方は、是非当院でご相談ください。

経験豊富な内視鏡専門医による、丁寧な内視鏡操作で苦痛の少ない検査および、正確な診断を行っております。

これまで、胃カメラが苦手であった人にも、これから初めて胃カメラを受ける方にも、かなり苦痛が軽減された経鼻内視鏡検査を受けていただきたいと思います。

もちろん、鼻からの胃カメラを希望されない方は、この細径の内視鏡で、今まで以上に楽に口からの胃カメラ検査も受けていただけますのご安心ください。

  • 胃カメラ検査のみで約4,000円(3割負担の場合)です。
  • 色素検査、ピロリ菌検査、病理検査など検査の追加により料金が加算されます。
    (上記費用に診察料・投薬料は含まれません)

大腸内視鏡 大腸内視鏡

大腸も高画質な画像で観察。

メガピクセルCMOSイメージセンサーの搭載で、低ノイズ・高解像度の画像が得られるスコープを使用しています。もちろん、胃カメラと同じ、画像強調観察(BLI、LCI)も併用し、詳細な観察が可能です。

最大135倍の拡大観察。

ボタン操作で拡大観察が段階的に可能で、最大135倍の拡大観察ができます。ポリープや腫瘍の精密検査を行い、適切な治療方針を決定することが出来ます。

最大135倍の拡大観察。

高追従挿入部とカーブトラッキング搭載。

軟性部は高追従挿入部を採用し、手元の力が先端部まで伝わりやすい挿入部を実現しました。また、軟性部先端の軟らかさを追求したカーブトラッキングは、腸管のカーブはスムーズに曲がり、屈曲部通過後は弾発性の効果により直線に戻りやすい設計となっています。これにより、検査時の患者さんの負担が軽減されます。

高追従挿入部とカーブトラッキング搭載。
こんな時は大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。
  • 最近便秘がひどくなった。
  • 便に血が混じることがある。
  • 便秘と下痢を繰り返している。
  • 便が細くなった
  • お腹が張った感じがある。
  • 残便感がある
  • 肛門から出血をすることがある。
  • 腹部に違和感が続いている。
  • 家族・親類にがんの病歴をもった人がいる。
  • 最近貧血気味である。

これらの症状やお悩みのある方は、是非当院でご相談ください。

鎮静剤を使用した苦痛の少ない大腸内視鏡検査。

当院では内視鏡専門医・指導医による豊富な経験と技術に基づき、最新の機器を用いた安全かつ正確で苦痛の少ない大腸内視鏡検査を行っております。しかし、腹部の手術を受けられており、腸管の癒着のある方など、どうしても大腸内視鏡検査に苦痛を伴いやすい方もおられます。
そのような方や、そうでない方にも、より苦痛に少ない検査受けていただけるように、点滴をしながら鎮静剤を用いた大腸内視鏡検査も行っております。診察の際に、是非ご相談ください。ただし、鎮静剤を使用した場合、検査終了後は1時間ほどの休憩と、終日お車および自転車の運転が出来なくなります。ご来院の際は、公共交通機関をご利用いただくか、タクシーまたはご家族の方に送迎していただくようお願い致します。

  • 大腸カメラ検査のみで約5,000円(3割負担の場合)です。
  • 色素検査、病理検査など検査の追加により料金が加算されます。
    (上記費用に診察料・投薬料は含まれません)

クリニック情報 Clinic Information

診療時間 Time Table

診療時間
 9:00~12:00
17:00~20:00

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内 Access

〒600-8461
京都府京都市下京区
仏光寺油小路東入ル木賊山町168

「西洞院仏光寺」バス停より 徒歩約1分
「四条西洞院」バス停より 徒歩約3分
地下鉄烏丸線「四条」駅西口より 仏光寺通りを西へ徒歩5分
四条河原町から1.6km、約8分。

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:075-351-2561 FAX:075-351-2568

駐車場(3台)あり

PAGETOP
Copyright © 2021 鈴木内科医院 All Rights Reserved.